ZEHとは? (ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)

ZEHゼッチとは、Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の略です。
断熱性能の優れたエネルギー消費の少ない住宅に省エネ性能の高い設備(エアコン・給湯器・照明設備)や、太陽光発電等を導入することにより、年間の一次(石油や石炭等の燃料)エネルギー量(空調・給湯・照明・換気)の収支をプラスマイナス「ゼロ」にする住宅をいいます。
政府は地球温暖化対策の一貫として、住宅の省エネルギー化は最重要課題のひとつとしており
「2020年までにハウスメーカー等が新築する注文戸建住宅の半数以上、2030年までに新築住宅の平均でZEHの実現を目指す」と宣言しています。
普及促進を目的としたZEH支援事業による補助金も用意されていてZEHは、これからの新築住宅ではスタンダードになっていくと考えられます。

大晋建設のZEH

ZEH仕様の住まいにするためには、断熱・省エネ・創エネの3つの基準を満たす必要があり、さまざまな仕様・アイテムを変更するのではコストがかさんでしまいます。当社は、超高気密・高断熱住宅に特化した断熱パネル工法「ジョイ・コス住宅システム」を採用。標準仕様で、ZEHに必要な断熱基準に対応しています。そのため、換気・空調、照明、給湯の省エネアイテムや太陽光発電パネルなど、わずかなアイテム変更・追加のみで、ZEHに対応できます。

当社のZEH普及に関する取組

周知・普及に向けた具体策

お客様に対し、設計の段階でZEHの詳細・標準仕様・価格坪単価をご説明及びご提案し、将来のメリットを明確化した上で、周知と普及に取り組みます。尚、住宅完成見学会においても、パネル・パンフレット等で告知し、ご検討中のお客様へもPR致します。施工数に伴って+αを図りブランド化を目指します。

コストダウンに向けた具体策

建築コストを削減し、お客様の建築費の負担軽減を意識した原価見直しに努めます。繰り返し行うことで当社のZEHモデルが構築され建築計画段階で合理的な間取り配置と建材の有効活用によりコストダウンを狙います。

その他の取り組み等

各種研修会へ積極的に参加し、知識の向上に努めます。設備関係の業者を交え、省エネ仕様についての知識の向上に努めます。

当社のZEH実績報告(数字は普及率)

2020年度(普及目標)2020年度(実績)
50%17%
2021年度(普及目標)2021年度(実績)
50%20%
2022年度(普及目標)2022年度(実績)
50%0%
2023年度(普及目標)2023年度(実績)
50%0%

今後の当社のZEH施工棟数の普及目標(数字は普及率)

2023年度(目標)2024年度(目標)2025年度(目標)
50%50%75%

お問い合わせ
contact